【速報】そこが知りたい!最新情報メディアをお届けします

山田哲人の幻の打球をキャッチした中学生の現在と山田選手本人のコメント『これも野球なんで』

ニュース,エンタメ

山田哲人の幻の打球をキャッチした中学生の現在と山田選手本人のコメント『これも野球なんで』

山田哲人選手の幻のホームランボールをキャッチした中学生の現在と山田選手本人のコメント

WBC:日本11-6キューバ戦の試合で
山田選手のホームランだと思われた打球を
グローブでキャッチした中学生が話題になりました。

ネットではかなりの炎上状態で、
中学生の男の子はかなり叩かれている状態。

球場から永久追放などとも噂されていて、
中学生というだけあって精神状態が気になるところ。

また、山田選手本人もこの件に関して
コメントをしているようです。

ネットの声などもまとめてみました。

キャッチした男子中学生

キャッチしたのは男子中学生。

ネットでは『クソガキ』というワードが
トレンドになるなどかなり叩かれていた様子。

ボールをキャッチした際にはかなり
盛り上がっていた少年ですが、
その後は警備員にかなり注意をされたようで

自分のしたことの意味を理解したらしく
青ざめた表情でフードをかぶったまま観戦。

大事な一戦というだけでなくこのような
公の場でこんな姿を見せてしまったことに
かなり反省をしている様子でした。

少年の住所が特定!などの情報がありますが...

ネットではこの少年の住所などが特定された
などの情報が出回っていますが信憑性があるかは
かなり不明です。

そもそもそんなことまで晒して何が楽しいのか??
という大人の行動に対しての疑問もあります。

やってはいけないことなのは確かですが、
少年なりにもかなり反省をしている様子。

わざわざ住所まで晒すという大人の行動のほうが
疑問がわきますね。

ネットやSNSの怖さを再確認

今回の件で試合中に物凄いスピードで
情報が出回りました。

先程の住所の件もそいうですが、
『出禁』『クソガキ』などのワードが
一瞬でトレンドキーワードに。

一夜にしてこの少年の顔は全国に
知れ渡りました。

ここに改めてネットやSNSの凄さと怖さを
実感しました。

そしてまさか少年本人もこの行動で
ここまで騷がれるとは思っていなかったでしょう。

心配されるのは少年だけでなく両親。
やはり両親も心を痛めているでしょう。

もしこれが海外で起こっていたらどうだったかな?
と思うと大人がもっと神対応してたのかな?
と想像もできてしまいます。

ちょっと日本人って小さいよねってことも
なんとなく実感しました。

山田哲人選手本人のコメント

「ギリギリかなと思った」「これも野球なんで。仕方ないです、ウェートトレーニングをして、もっと打球を飛ばしたいです」などと話しました。

また、「1点入りましたし、その前はチャンスをいかせなかったので、自分で決めてやろうってそういう気持ちでいったので、何とか打てて良かったです」

出典 http://breaking-news.jp

これも野球なんで

まあもちろん少年を責めるようなコメントは
なかったですがやはり悔しいのは確かなことでしょう。

しかしこれも野球なんですね。

1点入ったわけですし、前向きな考えが
ステキだと思います。

どっちにしろビデオ判定までされて
決まったことなので仕方がないし、
悔やんでもしょうがないですよね。

山田選手にはこおは切り替えて
結果で応えて欲しいと思います(^^)

山田の打球“キャッチ”の中学生、青ざめた表情

『思わず打球をとってしまったのか?』『はい...』

少年は思わず打球をそってしまったのか?
という質問に静かに『はい...』と答えたという。

その後は青ざめた表情でフードをかぶったまま
うつむいて観戦をしていたようです。

かなり注意を受けたようですね。

いや、そもそも野球観戦者は球場内に
グローブなんて持たせないようにする
という決まりは必要だと思います。

グローブを持たせていなければ
こんなことにはなりません。

野球少年ならば打球が飛んで来れば
取りたくなるのも当然でしょう。

今後の改善が必要だと思います。

Twitterの反応

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ